この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
資格を活かし、未来を拓く商業高校所沢商業高等学校
 
〒359‐1167                    
埼玉県所沢市林2丁目88番地
電話(04)2948‐0888(代)
FAX(04)2938‐1000
 
あなたは1145421人目です

 
 

携帯電話からのアクセス

携帯電話からもアクセスできます。
 

使用教科書選定理由書

埼玉県では「いじめのない学校」を目指して、「いじめの相談窓口」や「いじめ撲滅宣言」などを広く周知していただき、県民ぐるみでのいじめ撲滅に向け取り組んでいます。


埼玉県教育委員会は「教育立県・埼玉」の確立に向け、本県の最重要課題である「学力の向上」に取り組んでいます。
 
 

いじめの防止基本方針

埼玉県立所沢商業高等学校
「いじめ防止基本方針」.pdf
 
Copyrights ©埼玉県立所沢商業高等学校
All Rights Reserved.
 

ソフトボール

                            
  
活動日
月・水・・金・土・日曜日
活動場所
グラウンド(雨天時は校舎内)
活動内容
晴天時
 ・体操、ランニング、動き作り
 ・キャッチボール、捕球動作、トスバッティング(2人・3人組)
 ・打撃練習
   
素振り、バント・叩き練習、フリー打撃(対マシン・対人)、ネット・ロングティーなど
 ・守備練習
   個人ノック、シートノック、ゲーム(ケース)ノックなど
 ・走塁練習
   ベースランニング、盗塁、スライディング  
  ※日照時間やシーズンで練習内容や順序が変わります。 
雨天時  
 ・体操、ランニング、動き作り
 ・守備練習
   キャッチボール※膝をついた状態のみ、ショートバウンド処理、ハンドリングなど
 ・打撃練習
   素振り、羽打ちなど
 ・走塁練習
 ・ラダートレーニング、ミニハードルトレーニング
 ・筋力トレーニング
  晴天時、雨天時ともに短時間で練習しています。そのなかで、元気よく、集中して練習に取り組んでいます。また、毎日の練習の中で目標を設定し、小さなステップを一段一段クリアできるよう心がけています。
P R
 現在、部員は少数ですが毎日元気に楽しく一生懸命練習に取り組んでいます。去年は単独チームで公式戦に参加しました。
 ソフトボールは個人競技ではないので個人の技術力よりも仲間との信頼関係や助け合いなどのチームワークが大事になってきます。ですから、技術的に自信のない経験者でもボールに触ったこともない初心者でも安心して入部できる場所です。ソフトボールに少しでも興味のある方・興味を持った人は、ぜひ私たちを一緒にチャレンジしましょう。
成績等
◇平成30年度  

 4月 学総体西部地区予選会     出場(所商・新座総合・新座柳瀬・所沢北合同)
 6月 インターハイ埼玉県予選大会  出場(所商・新座総合・新座柳瀬・所沢北合同)
 7月 公立高校研修大会        出場
 8月 第19回教育リーグ研修大会    出場
 8月 新人大会西部地区1次予選会   出場(所商・新座総合・新座柳瀬・所沢北合同)
10月 新人大会西部地区2次予選会   出場(所商・新座総合・新座柳瀬・所沢北合同)

 
---------------------------
出場試合
 西部地区大会(6月) 
 西部地区新人戦一次予選(8月)
 ※埼玉県女子ソフトボール公立高校研修大会(8月)
 西部地区新人戦二次予選(11月)
成績等
 第2回埼玉県女子ソフトボール公立高校研修大会 2部 準優勝
 第7回四市高校女子ソフトボール大会 3部 優勝
 第8回四市高校女子ソフトボール大会 3部 準優勝
 第9回四市高校女子ソフトボール大会 2部 優勝
 第17回四市高校女子ソフトボール大会 2部 優勝


 

皆さんへのメッセージ

私たちソフトボール部は年生3人2年生1人1年生1人の計5人で活動しています。人数が少なく私たちだけでは試合をすることができないので、今は合同チームとして、他校の部員と一緒に大会などに出場しています。
私たちは人数こそ少ないですが、みんなで協力して日々の練習を頑張っています。平日は試合で出た課題や反省をふまえて、必要な練習をみんなで考え、意見を出し合いながら練習に取り組んでいます。休日は合同チームとして少人数ではできない実践的な練習や試合をしています。
練習や試合は、人数が少ないからといって、「適当にゆるく」「楽しい思い出づくり」をするためにやっているのではなく、「勝ちたい」「うまくなりたい」「次の大会で優勝したい」など、チーム全体・一人一人が目標を持って取り組んでいます。だから練習や試合で辛いことや、逃げ出したくなったことも少なくありません。だからこそ、できなかったことや苦手だったことができるようになったとき、また試合で勝ったとき、その嬉しさや達成感は言葉では言い表せません!
ソフトボールは決して一人ではできません。みんなで互いの苦手なところや、ミスなどをカバーしあったり、仲間が作ったチャンスを繋ぐなどチームワークが試される競技です。だからこそ私たちは、辛いとき、苦しいときこそ声を掛け合ったり、気づいたことがあれば意見を言い合ったりと、とてもよい雰囲気で活動しています。
私たちは顧問の先生、先輩、後輩ふくめて、とても仲の良い部活です
私たちは楽しく一緒にソフトボールをしてくれる人を、一人でも多く募集しています!!
今年こそ”合同チーム”としてではなく”所沢商業”という名で大会に出場することを目標としています。現在のチームには経験者だけでなく初心者の子もいます。初心者だからといって遠慮せず、和気あいあいと活動しています。そんな部活ですから、経験者はもちろん、初心者も大歓迎です!楽しくソフトボールをしたい人ソフトボールに興味がある人運動が好きな人、是非ぜひ、ソフトボール部に入部してください!!入ろうか迷っている人も是非体験に来て、雰囲気を味わってみてください!待ってます!!
ソフトボール部 現部長
 

日誌

所商ソフト部練習日誌 >> 記事詳細

2016/10/05

所商運動部合同活動(仮称)参加報告

| by web担当者

こんにちは。
先日、10月2日(日)に新人戦二次予選前最後の練習試合が行われました。対戦相手は飯能南高校さん、川越南高校さんの2校です。
第1試合で飯能南高校さんと対戦し、5対5という結果になりました。最終回まで3点ビハインドの状況でゲームが進んでいきましたが、最終回に先頭打者の出塁から打線がつながり、3点を獲得し同点としました。あと一歩のところで逆転することができましたが、一歩及ばずのところでゲームセットとなりました。しかし、最終回に同点に追いつくことは、なかなか困難なことでしたが、生徒たちの最後まで諦めない気持ちが得点に繋がったのだと思います。これは、二次予選に向けて良い兆候だと感じました。
第2試合は川越南高校さんと対戦し、12対1(3回コールド)で勝利しました。打線も繋がり、良い状態で大会前最後の練習試合を終えることができました。

10月4日(火)に『第1回運動部合同活動(仮称)』が行われました。
この活動の目的は、体幹トレーニングや基礎トレーニングの共通性に目をつけ、合同で練習をすることによって、正しいトレーニング方法や、メンタルトレーニング、講演会などを通じて、運動部一丸となってパフォーマンスを向上させることです。
また、我々顧問団も、他の部活の顧問の先生や、外部講師の方からの指導に気づかされることが、たくさんあると思います。
今回の活動では、初めに、本校で長年野球部の監督を務め、また、自らも本校野球部に在籍し活躍されていた、吉澤紀生校長先生からお話をいただきました。
その後、体育の授業でも取り入れているラジオ体操を、体育科の先生の指導の下、正しいやり方で行いました。生徒の中には、準備運動に重点を置いていない者もいると思いますが、それが怪我に繋がることも少なくないでしょう。また、ラジオ体操後はボイスランニング(声だしランニング)を行いました。男子グループと女子グループに分かれて行いましたが、全員で声を出してランニングをしている姿は、大迫力でした!
今回の活動を通して、準備運動の大切さが一人でも多くの生徒に伝わればと思います。

いよいよ新人戦の二次予選が今度の週末で行われます。次回はそちらの様子をお伝えできればと思います。お楽しみに!

 

08:33

カウンタ

COUNTER6624