資格を活かし、未来を拓く商業高校所沢商業高等学校
 
〒359‐1167                    
埼玉県所沢市林2丁目88番地
電話(04)2948‐0888(代)
FAX(04)2938‐1000
 

メニュー

トップページ埼玉県教育環境整備基金校長先生の部屋所商ブログ(日々の教育活動記録)学科紹介(3学科)所沢商業の特色資格取得『学力の向上』に関する取組学校行事 部活動紹介中学生の皆さんへ PTAの皆さんへ進路状況(進路指導)学校自己評価システムシート教員人事応募制度同窓会より事務室より自動販売機公募について施設案内本校へのアクセス
あなたは1082416人目です

 
 

携帯電話からのアクセス

携帯電話からもアクセスできます。
 

使用教科書選定理由書

埼玉県では「いじめのない学校」を目指して、「いじめの相談窓口」や「いじめ撲滅宣言」などを広く周知していただき、県民ぐるみでのいじめ撲滅に向け取り組んでいます。


埼玉県教育委員会は「教育立県・埼玉」の確立に向け、本県の最重要課題である「学力の向上」に取り組んでいます。
 
 

いじめの防止基本方針

埼玉県立所沢商業高等学校
「いじめ防止基本方針」.pdf
 
Copyrights ©埼玉県立所沢商業高等学校
All Rights Reserved.
 

校長メッセージ


2019/01/08new

3学期始業式校長講話

| by 校長先生

人類史上初の高校生からスマホあたりまえ世代?

 

 新年明けましておめでとうございます。冬休みはどうでしたか?楽しく充実した日々を過ごせましたか?まずは大きな事故もなく、こうして3学期の始業式が迎えられることを大変嬉しく思います。

 2019年という新しい年を迎えました。今年は、一生に何度も経験できるわけではない大きな変化の年です。君たちも知っているとおり、5月1日に新しい天皇陛下が即位されます。平成が終わり、新しい元号がスタートします。

 この年末・年始には「平成最後の…」という言葉が飛び交い、テレビや新聞ではこの平成という30年間を振り返る特集番組や記事が多くありました。そこで今日は、この平成という時代の、君たちに身近な「通信機器・通信サービス」の進化について見てみたいと思います。

 スマートフォンがこの世に出現したのはいつだか知っていますか?およそ10年前です。アップルのアイフォンが日本で発売開始になったのは、平成20年、今からわずか11年前のことです。君たちが小学校1、2年生の頃だと思います。そして同じ年にフェイスブック、ツイッターが日本版のサービスを始め、2年後の平成22年にインスタグラムが登場しました。そして今や日本人の2/3、約7,800万人が使っているラインは平成23年、今からたった8年前にサービスを開始しました。

 このことで気が付くと思いますが、君たちにとって物心ついてから当たり前のように使っている通信機器、通信サービスは、ほとんど、この10年ぐらいで世の中に現れたのです。

 そういう意味で物心ついてから普通に、スマホでラインやツイッター、フェイスブックなどを使う君たちは、まさに人類史上最初の「高校生スマホ世代」なのです。

 ちなみに所商の先生で最も若い穐本先生でさえ、高校時代にはスマホは持っていなかったそうです。大学生になって初めてスマホを持ったと言っていました。穐本先生が中学校3年生のころに、アイフォンが日本に上陸したわけで、まだ当時は、高校生でスマホを持っている人は大変少なかったのだと思います。

 君たちと5歳ぐらい違うだけで、全く違う世代になってしまう、それほどこの10年の通信機器、通信サービスの進歩は激しいのです。そんな激しい進歩の中、繰り返して言いますが、君たちはまさに、高校生でスマホが当たりまえの人類史上最初の世代なのです。

 スマホは、本当に世の中を便利にしました。出かける時に、電車の経路、時間、料金を一瞬にして調べることができます。スマホを駅の改札にかざして、電車に乗り、電車の中でスマホで音楽を聴き、途中コンビニに買い物をして、スマホで支払います。スマホ1つで何でもできる時代になりました。

 しかし同時に、スマホにはマイナスの側面もあります。私が一番、厄介だと思うのはSNSです。なぜSNSが厄介かと言うと、それは能動的でないからです。自分の意志で主体的に使うことができないからです。先日、テレビである人が、「SNSで人と繋がるというけど、実は繋がれているのではないか。」と言っていました。そのとおりだと思います。すなわち自分の意志で使うのではなく、SNSによって人と繋がれ、縛られているのではないかと感じてしまいます。君たちはこれからの長い人生、ずっとSNSに繋がれ、縛られて生きていくのかもしれません。少なくとも何らかの工夫や努力をしないとそうなってしまいます。もしかしたら君たちの中にも、実は正直に言うと「少しスマホから離れたいな、SNSから解放されたいな」と思う時があるのではないかと思います。

 だからこそ、君たち、人類史上初の「高校生からスマホ当たりまえ世代」としての責任があると思います。このまま、1日24時間、1年365日、スマホに縛られていいのか、能動的に主体的にスマホと付き合うにはどうしたらいいのか。そんなことを考えていくのは君たち世代の責任であります。

 この10年間のテクノロジーの進化を見れば、この先の10年でどんな新しい技術が生まれ、世の中がどのように変化していくのか、想像もつきません。私のような年代の人間からすると、ちょっとした「恐ろしさ」さえ感じてしまいます。

 君たちはこれから、10年、20年、30年、40年と長い間、世の中の主役として活躍していくわけです。人類史上初の「高校生からスマホ当たりまえ世代」の責任として、テクノロジーとうまく付き合う方法を見出してほしいと思います。また個人として、あるいは組織としての何らかのルールづくりに参画してほしいと思います。時には「これは私には必要ない」と能動的に取捨選択をしてほしい、そしてその個人の選択を周りの人々が尊重する世界を創っていってほしいと切に願っています。

 3学期は忙しいです。1、2年生は今月末に検定試験があります。3年生諸君は学年末考査が控えています。スマホと上手に付き合い、時間を大切にして頑張ってください。


09:46
このページの訪問者25290