資格を活かし、未来を拓く商業高校所沢商業高等学校
 
〒359‐1167                    
埼玉県所沢市林2丁目88番地
電話(04)2948‐0888(代)
FAX(04)2938‐1000
 

メニュー

トップページ埼玉県教育環境整備基金校長先生の部屋所商ブログ(日々の教育活動記録)学科紹介(3学科)所沢商業の特色資格取得『学力の向上』に関する取組学校行事 部活動紹介中学生の皆さんへ PTAの皆さんへ所沢市内高校説明会進路状況(進路指導)学校自己評価システムシート教員人事応募制度同窓会より事務室より自動販売機公募について施設案内本校へのアクセス
あなたは1063881人目です

 
 

携帯電話からのアクセス

携帯電話からもアクセスできます。
 

使用教科書選定理由書

埼玉県では「いじめのない学校」を目指して、「いじめの相談窓口」や「いじめ撲滅宣言」などを広く周知していただき、県民ぐるみでのいじめ撲滅に向け取り組んでいます。


埼玉県教育委員会は「教育立県・埼玉」の確立に向け、本県の最重要課題である「学力の向上」に取り組んでいます。
 
 

いじめの防止基本方針

埼玉県立所沢商業高等学校
「いじめ防止基本方針」.pdf
 
Copyrights ©埼玉県立所沢商業高等学校
All Rights Reserved.
 

校長メッセージ

校長先生の部屋へようこそ!
12
2018/11/05new

11月全校集会校長講話

| by:校長先生

                  日本の学校はすごい!
みなさん、こんにちは。

中間考査も終わり、いよいよ11月になりました。今月は、創立50周年の記念式典があります。この50年間、所商のためにがんばってくれた先輩の情熱と努力に感謝し、一緒にお祝いしましょう。

さて今日は、「日本の学校はすごい」という話をしたいと思います。皆さんは、日々、行っている清掃や日直、ホームルームなど、当たり前すぎて気にしたことがないと思います。また、毎日の掃除が面倒くさいなと思う人もいるかもしれません。しかし、このような日本の学校で毎日当たり前のように行っている教育活動は、実は世界に目を向けると大変すごいことなのです。たとえば毎日、放課後に行う掃除。これは日本では小学校から中学、高校と日本全国の学校でほぼ当たり前のように行われていますが、世界を見てみると、大変珍しい活動です。先進国を含めて海外では学校の清掃は清掃員がします。清掃は清掃員のする仕事だという考え方が根付いています。生徒はいっさい掃除しません。いわば散らかしっぱなしです。知っている人も多いと思いますが、サッカーのワールドカップで、日本のサポーターが、試合が終わって、自分たちが使った座席周辺を掃除し、ごみを持ち帰る姿がSNS上で広まり、世界の多くの人々がその日本人サポーターの姿に感動して自分たちもごみを持ち帰ろうという動きが広まったという話があります。日本人にとってみれば、自分たちが使った場所をきれいにして立ち去るのは当たり前ですが、世界の人々にとっては、当たり前ではありません。スタジアムの掃除は清掃員の仕事だからです。そして、日直。これも日本人にとってみれば当たり前のことですが、今世界で注目されています。世界の学校、特にアフリカなどの発展途上国では、1クラスに生徒が50人から80人ぐらいいるのが普通です。そして先生は教壇のそばに自分の気に入った生徒を座らせ、身の回りの世話やお手伝いをさせ、言わば「助手」のように使うことが今でもあります。後ろの方に座っている生徒たちはほとんど無視、という状態です。しかし日本の日直制度では、毎日、違う生徒がリーダー的な役割を責任も持って果たします。日直の日は、先生の手伝いをしクラスから注目されます。クラスの生徒全員が日直をやることで平等に扱われます。「これはすごい」ということで今、世界で注目されています。

文部科学省に、「EDU-Portニッポン」という日本型の教育を海外で展開しようという取組があります。EDUEducation(教育)PortExport(輸出)ということです。日本の優れた教育活動を海外に輸出しようという取組です。実際、エジプトでは、2016年頃から日直、清掃、ホームルーム活動が学校で始まっていて、今年には200校ぐらいに広がっています。また、アフリカの多くの国で運動会が広まってきています。アフリカの多くの学校では、生徒や教員が一同に集まり、協力して行事に取り組むといった機会がほとんどなく、学校はまとまらず、組織として機能していない場合が多いそうです。そこで運動会をやることで、生徒、先生が一緒になって頑張る。学校がまとまるという成果が出るわけです。私もセネガルという西アフリカの国で実際に運動会の普及活動をしている青年海外協力隊に会いました。運動会を行うことで学校が一つになったと喜んでいました。

このように日本では当たり前のことが海外では当たり前でないということがたくさんあります。また、我々日本人が気づいていないことが実は世界の人々にとってはすごいこともたくさんあります。また、その逆もたくさんあると思います。外国のある国では当たり前のことが日本人にとっては全く当たり前でないことがたくさんあると思います。そんな視点をいつも持ってほしいと思います。

これから、多くの外国から来る人々とともに働き、暮らしていく共生社会に生きていく君たちにとって、是非、異文化を理解し受け入れ、また、日本の良いところを伝えていける大人になってほしいと思います。

 


 


 


18:44
2018/10/03

10月の朝礼 校長講話

| by:校長先生

                         「正射必中」
みなさん、おはようございます。

早いもので10月になりました。こらからいよいよ秋が深まってきます。秋と言えば、「実りの秋」という言葉があります。これまで、精魂を込めて育ててきた作物が実を結び収穫の時期を迎えるという意味です。

 これは君たちの所商生活でも言えることです。春から勉強、部活、学校行事と様々な場面で努力してきたことがいよいよ実を結ぶ、目標にしてきたことをかなえる季節です。特に3年生諸君にとっては、3年間、コツコツと努力してきたことが実を結ぶ時です。

 そこで今日、お話ししたいのは、「正射必中」という言葉です。これは弓道で使われる言葉で、弓道部の諸君はもちろん知っていると思います。「正しい射法で射られた矢は、必ず中る」という意味です。そして正しい射法は正しい姿勢から始まると教えています。

 なぜ、この言葉を紹介するかというと先日、ある新聞でジェローム・シュシャンという人の記事を読んだからです。ジェローム・シュシャンさんはフランス人ですが、30年近く弓道にしたしみ、国際弓道連盟の理事を務め、5段の腕前のある人です。現在の仕事はゴディバジャパンの社長です。彼は最近「ターゲット」という本を出し、なぜ5年で売り上げを2倍にしたのかその秘訣を書いて注目を浴びています。

その中で彼は、「正射必中」という言葉を使っています。「正しい射法で射られた矢は、必ず中る」ビジネスに置き換えると「お客様のことを本当に考えてよい商品を作れば、結果は必ずついてくる。」「すべてのプロセスを正しく行うことを心がければ、ビジネスは必ず成功する。」と言っています。彼はこのことを弓道から学んだと言っています。「正しい行いをすれば、正しい結果がついてくる。」とてもシンプルですよね。ゴディバはチョコレートを売る会社ですが、一番の目的は、チョコレートをとおして、世界の人々をハッピーにすることだ、そのためには気軽に、便利にゴディバを買ってもらうことだということで、これまで会社の中にあったプライドを捨てて、コンビニで商品を売ったりして大成功しています。

  


 私たちは、とかく結果にとらわれて、冒険ができなかったり、結果によっては、喜んだり、意気消沈したりします。結果にこだわらず、それぞれのステップを正しく行うことに集中すればよいのです。

 3年生諸君は、就職活動、進学などで大変かと思います。1回や2回の失敗に意気消沈せず、正しい行いをするよう集中してください。1年生、2年生諸君は、日々正しい行いをするよう、プロセスを踏んでコツコツと集中してください。必ずや放った矢は的に命中すると思います。

以上です。


 

 


13:16
2018/09/03

2学期始業式講話

| by:校長先生

                          グローバル人材?

 夏休み中、私は就職を希望する3年生10数名に模擬面接を行いました。どの生徒も、背筋をピンと伸ばし手を膝の上に置き、大変礼儀正しく、面接を受けていました。面接をした私もとても清々しい気持ちになりました。また、面接の時だけでなく、日頃から校内で生徒諸君に元気に挨拶をしてもらうと、やはり気持ちがいいものです。礼儀正しい本校生徒を誇りに思います。これは日本ではある意味、見慣れた光景ですが、一旦、日本の外に出ると決して当たり前の光景ではありません。私はアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどの高校を訪ねたことがありますが、あまり挨拶はしてくれませんでした。また彼らの社会では目上の人の前でも足を組んだりすることにあまり抵抗はないようです。日本では考えられないことですよね。

 
 そもそも日本の礼儀正しさや他人を気遣う思いやりなどの道徳観や価値観は昔から日本の社会に根付いた伝統的な文化です。他人の感情や考えていることを言葉にしなくても敏感に察知し読み取る能力、自分がどのように振る舞うかを自分と他人との人間的関係によって決定してく文化が根付いています。社会心理学者の北山忍という人がこれを「相互協調的自己観」と呼んでいます。日本をはじめてとして東アジアでみられる自己観であると言っています。これは言語習慣を見ても明らかです。英語は一人称を示す言葉、すなわち、自分のことを示す言葉は
"I"の一語しかありません。しかし日本語は「私、僕、俺」など相手との関係はその場の状況によって敏感に使いわけます。先生が生徒の前で、自分のことを「先生」と呼んだり、子供の前で父親が「お父さんは…」と言ったりするのは日本語だけの特徴であり言葉からも人間関係を重視するこの社会の規範が見えてきます。

 
 このような協調性を重んじ、自分と他人との関係性を大事にする習慣は日本の伝統的な文化・価値観であり、大切にしなければならないと私は思っています。しかし戦後、この日本的な文化・価値観は否定される傾向にありました。「日本人は同調主義的で権威に弱い」と戦前の価値観は全て悪いものだと主張する、いわゆる進歩的知識人といわれる人々から批判されてきました。戦前の軍国主義や全体主義はこのような日本社会にある体質が原因であり、これからは欧米のように主体性を持ち確固たる自己を備えた近代的個人に日本人は変わらなければならないとされました。さらに
1990年代後半からの「構造改革」そしてその後の世界的に急速に広まるグローバル化がこの流れを決定的にしました。ヒト・モノ・カネ・サービスが国境を越えて世界中を自由に移動していく世界では、日本古来の価値観よりもグローバルな価値観、もっと言えば、アメリカの価値観でやっていかないとだめだということです。欧米型の個人主義、自律性、主体性、自己責任などの価値観が日本社会に押し付けられていきました。教育界でも「グローバル人材の育成」などと言って、主体的に行動し、自己主張ができる人材を育てようとしています。でも本当にそれでいいのでしょうか?日本人が長年、受け継いできたこの価値観を失ってもいいのでしょうか?私はちょっと違和感を持ちます。もちろん自分の意見や考えを言葉にして伝えること、議論をすることは大切ですが、「落としどころ」を見つける知恵も必要です。主体的に学び、行動していくことは大切ですが、周りと協調していく配慮も必要です。また、今世界を冷静に見渡すと、このグローバルスタンダードは行き詰ってきました。世界のいたるところで、自国の価値観、文化を取り戻そうという動きは様々な形で現れてきています。そしてもっと言うと、日本の伝統的な価値観が世界中で注目されています。私が訪問した発展途上国の多くでは、日本人の真面目さ、勤勉さ、正直さを尊敬の念を持って見くれました。「おもてなし」という言葉に代表される他人のことを気遣う優しい心が今、世界の人々を惹きつけています。ですから君たちには、是非、真面目で勤勉で礼儀正しく、人の気持ちを察することのできる優しい所商生でいてほしいと思います。それこそが君たちが「グローバル人材」に成長するための第一歩だと私は信じています。

 
 最後に日本人女性で初めて国連事務次長・軍縮担当上級代表に就任し、世界的に活躍している中満泉さんの言葉を紹介します。

「謙虚さや自己主張が苦手といった日本人の資質が国際舞台では足かせになるという考えを私は一蹴します。教育レベルの高さや勤勉さ、押しどころと引き際を心得たバランス感覚など、日本人であることは逆に強みになります。また、日本人は仕事を安心して任せられると思われていることも強みです。日本人は地道に努力して何でも一生懸命にやりますから信用されています。たとえば時間を守るとか、私たちの体に染みついているごく基本的なことが、国際社会で働くときには評価されるのです。」

 
 当たり前のことを当たり前にちゃんとやる、すなわち「凡事徹底」こそが「グローバル人材」になる第一歩かもしれません。

それでは2学期、行事が多く忙しい毎日になりますが、凡事徹底でがんばってください。



10:05
2018/07/20

1学期終業式講話

| by:校長先生
                          歴史の重み

 今日で平成30年度1学期が終了します。皆さん、1学期はどうでしたか?満足できる時間を過ごしましたか?目標に向かって努力し、達成感を得ている人もいるでしょうし、そうでない人もいるでしょう。それぞれの成果と課題をしっかり見つめなおし、2学期に向かってください。特に成績で思いどおりにいかなかった人はしっかり反省し、この夏休みを過ごしてください。また、部活動を引退する3年生諸君は、部活動で学んだこと、経験を活かして、これからの進路実現に邁進してください。

 さて、今日は「歴史の重み」についてお話します。今年の夏の甲子園は100回記念大会です。7月7日の埼玉県大会の開会式で、埼玉県高野連の会長、所商の前校長の吉澤先生が「100年の歴史の中で、米騒動や戦争などで中止になったりして時代に翻弄される時もあった。しかし先人の努力で100回大会を迎えることができた。野球ができる幸せと『歴史の重み』を感じてプレーしてほしい。」と話されていました。調べてみると、大正7年には米騒動で中止、昭和17年から20年までは太平洋戦争のため4年間、甲子園は中断されました。確かに時代に翻弄されながらも先人の情熱と努力で、今年100回大会を迎えられたのだと思いました。所商も今年、50周年を迎えます。甲子園と同じように多くの先人、先輩方の情熱と努力で50年を迎えられたのだと思います。諸君も先輩の情熱と努力に感謝し、今この所商で学べる幸せと「歴史の重み」を感じてほしいと思います。また次の50年の歴史を積み上げていく一人ひとりであることを自覚してください。

 

 どんな行事や組織にも歴史があります。当然、国にも歴史があり、この日本という国にも長い歴史があり、私たちはその「重み」を感じなければなりません。諸君はSNSなどで、同時代に生きる人々との「横」のつながりに日々、夢中になっていると思います。もちろん、この同じ時代に生きる世界中の多くの人々と繋がっていくことはいいことです。しかし、私たちには、過去・現在・未来という時の「縦」の繋がりがあるわけです。よく考えてみると、そもそも私たちの命は、過去と繋がっている、つまり両親、祖父母、その両親と過去の人々の命があってこそ、私たちは今、ここに存在しているのです。そんな時間的な「縦」のつながりに思いを馳せることも大切でしょう。夏という季節は、我々日本人にとって、歴史を振り返るのに相応しい季節だと思います。8月6日の広島、9日の長崎への原爆投下、そして8月15日の終戦記念日と、先の太平洋戦争を思い返し、先人の体験した悲劇や苦労に思いをはせ、平和について考えていく機会を与えられる季節です。毎年、夏休み中には、先の戦争の映画やドラマ、ドキュメンタリーなどが多くテレビなどで流されます。意識して関心をもって見てください。

  

 最後に私が最近読んだ本を一冊、紹介します。藤原ていという人が書いた「流れる星は生きている」という本です。この作品は、藤原ていさんが3人の幼い子をつれて満州から日本に引き揚げてきた時の実体験を綴った小説で、戦後直後ベストセラーになり、映画やドラマにもなりました。当時、満州の気象台の職員だった、ていさんの夫は、のちに作家になった新田次郎であり、3人の幼い子の一人、当時4歳だった次男は、「国家の品格」や「日本人の誇り」などを書いた数学者、藤原正彦さんです。終戦の日から満州を出発し、ソ連が占領した北朝鮮を南下し、38度線を越え、釜山に着き、そこから日本へ逃げ帰ってくる、およそ1年かけての壮絶な体験談です。途中で多くの仲間、一緒に逃げてきた多くの人々が死んでいき、藤原家の人々も何度も死にそうになります。この作品で感じるのは、極限状態にある人間のエゴと優しさが混在する姿。子どもを生かそうとする母親の執念、辛さのあまり自分の子を虐待死させてしまう母親。様々な人間の本性が描かれています。現代の私たちと共通する人間の本性あり、深く考えさせられる作品です。また、兵隊だけでなく、戦争とは関係のない市民が、こうやって戦争を乗り切り、命をつないできたという、まさに「歴史の重み」を感じさせる作品です。図書館に寄贈しますので、是非、読んでみてください。

  

それでは、9月3日に全員、元気な顔を見せてください。

 


09:38
2018/06/04

所商PTAだより 第103号 あいさつ

| by:校長先生

                    相互理解

 この度、第18代校長として着任いたしました鈴木啓修です。保護者の皆様には、日頃より本校の教育活動について、ご理解をいただき温かいご支援をいただいていることにまずは感謝申し上げたいと存じます。日々有難うございます。

 さて、私はこの3月末までの2年間、独立行政法人国際協力機構(JICA)に長期研修という形で出向しておりました。海外に目を向けない内向きな若者が増えてきていると言われる中(実際のところ青年海外協力隊の応募数は年々減少しています。)、少しでも国際協力人材を育成するため、学校や教育委員会と連携して国際理解教育、開発教育の推進をしていくことが私の主な仕事でした。教員になって32年、初めて学校という教育現場を離れ全くの別世界に身を置くことになり、戸惑うことも多かったのですが学びも多くありました。その1つに「学校の常識と学校外の常識は大きく違う」ということでした。JICAのオフィズで周りの人に「学校の先生は電子メールの返信が遅い。朝に送信したメールの返信が夕方になる。」とよく言われました。たしかにJICA職員はデスクワークですから電子メールでのやり取りが主で大変迅速です。しかし、教員は教室で授業をするのが仕事、デスクでメールをチェックするのは夕方になってしまうのは普通です。しかしデスクワークをしている社会人にしてみれば数時間以内に返信がないのは非常識なようです。怠けているのではないかと思われてはいけないので、私はJICA職員には学校の教員の働き方を一生懸命、説明するよう心がけました。このようなちょっとした文化、習慣の違いは、いくらでもあります。また、こうしたちょっとした違いがお互いの誤解を生む原因になるのかもしれません。

 保護者の皆様もきっと、「学校って、教員って私の常識と違う!」と思ったことがあるかもしれません。そんな時、遠慮せず学校に聞いてほしいと思います。お互いに言いたいことを言わず我慢してしますのが一番よくないと考えています。分からない事、理解できない事を率直に尋ね、話し合い、理解しあうことこそが、学校と保護者のよい関係づくりにとって、一番の方法であると私は信じております。

 学校教育は各ご家庭のご理解とご協力なくしては成り立ちません。是非、今後も学校と保護者が同じ方向を見つめ、子供たちのために、いい教育をしていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

 


14:02
12
このページの訪問者24718