資格を活かし、未来を拓く商業高校所沢商業高等学校
 
〒359‐1167                    
埼玉県所沢市林2丁目88番地
電話(04)2948‐0888(代)
FAX(04)2938‐1000
 

メニュー

トップページ埼玉県教育環境整備基金(NEW)はじめに(校長室)所商ブログ(日々の教育活動記録)学科紹介(3学科)所沢商業の特色資格取得『学力の向上』に関する取組学校行事 部活動紹介中学生の皆さんへ PTAの皆さんへ所沢市内高校説明会進路状況(進路指導)学校自己評価システムシート教員人事応募制度(30年度)同窓会より事務室より自動販売機公募について施設案内本校へのアクセス
あなたは982461人目です
 

 

携帯電話からのアクセス

携帯電話からもアクセスできます。
 

使用教科書選定理由書

埼玉県では「いじめのない学校」を目指して、「いじめの相談窓口」や「いじめ撲滅宣言」などを広く周知していただき、県民ぐるみでのいじめ撲滅に向け取り組んでいます。


埼玉県教育委員会は「教育立県・埼玉」の確立に向け、本県の最重要課題である「学力の向上」に取り組んでいます。
 
 

いじめの防止基本方針

埼玉県立所沢商業高等学校
「いじめ防止基本方針」.pdf
 
Copyrights ©埼玉県立所沢商業高等学校
All Rights Reserved.
 

公認会計士試験 合格者インタビュー

公認会計士試験 合格者インタビュー
  平成24年公認会計士試験に本校卒業生の本田将君(東京経済大学4年在学中)が合格しました。公認会計士試験は、医師国家試験や司法試験などと並ぶ国家試験といわれ、会計スペシャリストの最難関の試験です。
  今回、本田君が商業高校に興味を持つ中学生に向けてインタビューに答えてくれました。
 
~専門能力を活かして~
 
 
東京経済大学4年(当時) 本田将 君
(平成20年度本校卒業)
 
 

 ―このたびは、公認会計士試験合格おめでとうございます。
 
 本田:ありがとうございます。
 
 
―さっそくですが、なぜ所沢商業高校に入学しようと思いましたか?
 
 本田:中学時代から、漠然とですが専門能力を活かして働きたいという 考えがありました。
 
 
―そのような目的意識から、商業高校が良いと考えたわけですね。
 では、高校生活で力を入れたことはなんですか?
 
 本田:ビジネス会計科に所属していたので、簿記の資格取得に力を入れました。
    在学中に日商簿記検定の2級まで取得することができました。
    それと、テニス部に所属していたので、勉強との両立を意識していました。
 
 
―所商で学んだことで、卒業後に役に立ったことはありますか?
 
 本田:一番は簿記の知識ですね。それと、パソコンをよく使うのでタッチメソッドは役に立っています(笑)。
 
 
―大学進学を決めたのはいつですか?
 
 本田:3年生の半ば頃です。 
 
 
―当時から公認会計士という仕事は意識していたのでしょうか?
 
 本田:はい、高校で簿記を勉強したことで、公認会計士という職業を知り、その高い専門性と幅広い将来性に魅力を感じました。
 
 
―志望校(東京経済大学)を決めた理由を教えてください。
 
 本田:公認会計士試験のダブルスクール費用を全額負担してくれる制度があったからです。
    大学は指定校推薦で入学しました。
 
 
―公認会計士を目指してどのように勉強しましたか?
 
 本田:生活の中心を会計士の勉強として、他の全てを息抜きと考えていました。
    効率が悪くなってしますので、睡眠時間も最低6時間は確保していました。
 
 
―勉強だけでなく、息抜きも大切なんですね。 最後に中学生に向けて一言お願いします。
 
 本田:まずは将来の目標を見つけましょう!
 
 
―ありがとうございました。今後の活躍を期待しています。
 
 
このページの訪問者5836